診療内容

4Dエコー外来

通常妊婦健診では平面の2Ⅾエコーで赤ちゃんの発育の様子を観察・測定しますが、4Ⅾエコーでは高さ・幅・奥行の立体的な画像に時間軸を加えてリアルタイムに動いている赤ちゃんの様子を見ていただくことができます。

受診について

4Ⅾエコー外来は技師が行います。また、診断・診察を行うものではありません。
お腹の中の赤ちゃんの様子をみていただき、ご家族の一員として迎える準備をしていただけたらと思っております

対象者 安城・刈谷院に通院中の妊婦さんに限らせていただきます
実施時期 16週~35週ごろ
週数に応じて見える範囲は違ってきます。大きくなってくるにつれて表情やしぐさを確認していただけます。35週以降は赤ちゃんの成長のため、きれいに撮れない事が多くなります。35週までの撮影をお勧めしております。
実施機種 A. 7,000円(税別)
世界最高レベルのプレミアム超音波診断装置VolusonE10を使いますので、B.で使用する診断装置に比べ、お腹の中の赤ちゃんの動いている様子を鮮明に見ていただくことができます。B.では画像が黄金色で表現されますが、A.では肌色で表現されよりリアルな赤ちゃんしぐさや表情をご覧いただけます。

B. 2,000円(税別)
定期妊婦健診中に使用している超音波診断装置にて行います。

※A.、B.ともに受診後、お写真を差し上げています。また、当院で販売している記録媒体(エンジェルメモリー・USBメモリー)にて画像を保存することも可能です。
予約方法 予約システムからご予約いただけます。
①診察科から「4Ⅾエコー外来」を選択してください。
②診察内容から上記の実施機種に合わせて「4Ⅾエコー外来A.」「4Ⅾエコー外来B.」を選択してください。
ご注意 ・赤ちゃんの向きによってはお顔が見えない場合があります。
・週数が大きくなってくるとお顔か見えない場合があります。
・定期妊婦健診とは別でご予約をおとりください

当院が導入しているVolusonE10について

当院が導入しているVolusonE10について

VolusonE10

当院ではVolusonシリーズ【プレミアム(E10,E8)、ハイエンド(S10、S8)、パフォーマンス(P8、P6)】の最上位機種Voluson E10を導入しております。
最新のシステムアーキテクチャを採用し、周産期に特化した3Ⅾアプリケーションを搭載しており、
従来装置と比較して、より高画質な3Ⅾ、4Ⅾイメージングを実現し、胎盤血流や胎児の心臓の血流,脳血管など全身の血管をより立体的に表示することが可能となっています。

 

記録媒体について

当院では以下の記録媒体をご用意しています。
 

USBメモリー 販売価格  :2,000円(税別)※2019/3/1時点
メモリ容量 :8GB(ギガバイト)

録画機器との相性の問題がありますので、USBメモリーの持込は対応しておりません。
エンジェルメモリーカード 販売価格  :2,000円(税別)※2019/3/1時点

エコー動画をスマホやパソコンから閲覧いただけるカードです。

ページの先頭へ戻る