診療内容

子宮がん検診

子宮がんは、早期に発見し、治療すれば治すことのできるがんと言われています。また、ごく初期の頸がんであれば子宮を残す手術により妊娠も可能です。検診では、がんになる前の「前がん病変」や子宮筋腫などの良性の病気を見つけることもできます。自覚症状がなくても定期的に検診を受けて早期に発見することが大切です。
 

ページの先頭へ戻る